お役立ち情報

Windows10のバージョンと名前の一覧。アップデートによるパソコン転売作業への影響は?

Windows10は現在半年に1回大型アップデートが行われています

中古パソコンを仕入れたり、販売する上では、バージョンのことはあまり意識しなくても大丈夫です。とは言えバージョンがあるからこそ、古いか新しいかがわかりますし、販売時に最新!とアピールしたいなら知っておくべきです。

ということで、この記事ではWindows10のバージョンについておさらいしておきます。

Windows10の現最新バージョンは?

最新は21H1

では早速ですが、この記事執筆現在(2021年5月末)のWindows10最新バージョンは「21H1」(May 2021 Update)です。リリース日は2021/5/18です。

それを踏まえて以下の表を見てみてください。Windows10のバージョンを最新から順に並べて一覧にしています。

Version アップデート名称 リリース日 サポート期限
21H1 May 2021 Update 2021/5/18 2022/12/13
20H2 October 2020 Update 2020/10/20 2022/5/10
2004 May 2020 Update 2020/5/27 2021/12/14
1909 November 2019 Update 2019/11/12 サポートは終了
1903 May 2019 Update 2019/5/21 サポートは終了
1809 October 2018 Update 2018/10/2 サポートは終了
1803 April 2018 Update 2018/4/30 サポートは終了
1709 Fall Creators Update 2017/10/17 サポートは終了
1703 Creators Update 2017/4/11 サポートは終了
1607 Anniversary Update 2017/4/11 サポートは終了
1703 Creators Update 2016/8/2 サポートは終了
1511 November Update 2015/11/12 サポートは終了
1507 Released in July 2015 2015/7/29 サポートは終了

Windows10は2015年からリリースされていますが、大体(特にここ数年は…)半年に1回大型アップデートがあるのがわかりますね。

そして、現在Microsoftのサポート期限が残っているバージョンは、21H1、20H2、2004のみで、1909以前のバージョンはすべてサポートは切れています。

Windows10の新バージョンに最新化すべき?

Windows10では「設定」→「更新とセキュリティ」と辿った画面から、手動で「Windows update」ができます。ですが、一般的には画面にWindowsUpdateの通知が来るまでは、何もしなくて構いません。

ただ上記表を見てもわかるように、1909以前はサポート期限が切れています。Windows10のバージョンが「2004」や「20H2」だったら無理にバージョンアップしなくても良いですが、1909以前のバージョンだったらアップデートはすべきですね

ただしリリースされた直後の新バージョンの場合、何らかの不具合があるかもしれません。不具合が心配な場合は、通知が出てきたとしても無理に上げる必要はありません。

Windows10のバージョン確認方法は?

ではWindows10のバージョンはどのように確認すればいいでしょうか?

一番簡単なのは、「winver」コマンドです。

これで一発でバージョンが分かります。

※ここでは「2004」になります。

他にも、「設定」→「システム」→「バージョン情報」でも確認できます。

WindowsUpdateの新バージョンがリリースされるのはいつ?

この記事執筆時点では、2021/5/18にリリースされた「21H1」が最新バージョンですが、次回のWindows10のアップデートはいつになるのでしょう?

ここ数年、ずっと半年に1回最新がリリースされていますので、2021年の10月中、あるいは遅くても11月にはリリースされるでしょう。

コードネーム「Sun Valley」として開発が進んでおり、バージョン名は「21H2」となると見られています。

ちなみに、Windows10の大型バージョンアップとは別に、新OSのWindows11も発売される見込みです。

>> Windows11は無償でのアップデートは可能なのか?中古パソコン販売への影響は?

*Windows11発売に伴うパソコン転売作業への影響については、こちらの記事も参考にしてみてください。

Windows10バージョンアップでパソコン転売の作業には影響がある?

Windows10の大型バージョンアップがリリースされると、パソコン転売の作業ではどんな影響があるのでしょうか?

クリーンインストール用のメディアは作り直す必要がある

最も手間がかかる作業と言えば、これですね。

Windows10をクリーンインストールするためのメディアを作り直す必要があります。最新バージョンがリリースされたタイミングで、MicrosoftのWindows10ダウンロードのページは既に最新バージョンに置き換わっているからです。

Windows10を上書きインストールする場合は、もう新バージョンでセットアップされるわけですから、クリーンインストール用に作っていた旧バージョンのメディア(USB、DVDのメディア)は新バージョンで作り直しておく必要はありますね

とは言え、急ぐ必要は全くありません。新バージョンに何らかの不具合があるかもわかりませんし、旧バージョンでセットアップはできます。

しばらくは様子を見ておいてもいいでしょう。ただし、どこかのタイミングで新しいバージョンでメディアを作り直しておきましょう。あえて古いバージョンを使い続けなくてもいいですからね。

トラブル対応のためにもバージョンは知っておいた方がいい

Windows10で大型アップデートがあると、場合によっては

  • 画面が変わる
  • 操作性が変わる
  • 動作への影響が発生する
  • 何らかのトラブルが起きることもある

といった可能性はあります。

その時のバージョンやパソコンの環境にもよるので、何とも言えないですが、何かトラブルが起きたときにそれがWindows10のバージョンアップに起因する可能性もあるわけです

であれば今のWindows10のバージョンを把握していれば、解決のきっかけにもなりますね。

まとめ

半年に一回、年に2回あるWindows10の大型アップデート。パソコン転売で絶対必要な知識ではないですが、バージョンによる画面の違い、操作性の違い、また動作への影響も発生する可能性はあります。

パソコン転売においても、トラブル対応のためにも、ユーザビリティでも、Windows10のバージョンは無視はできません。Windows10のバージョンは、「winver」コマンドで簡単に分かるので、バージョンは把握しておくに越したことは無いですね。

ABOUT ME
よしや
パソコン転売を実践中。専業アフィリエイターですが、中古パソコン転売ほど、初動で稼ぎやすく面白いビジネスはありませんね。