GBAのノウハウで実践している中古パソコン転売では、ヤフオク、メルカリ、ラクマ等のネットから仕入れて、同じくネット上で販売します。

でも中古パソコンって実店舗でも売られてますよね?電気街で有名な、東京の秋葉原や大阪の日本橋では、中古パソコンを販売している店が数多くあります。

一般的にせどりの仕入れでは、ネットよりも実店舗の方が、価格差のある掘り出しものを見つけやすかったりします。私が以前(だいぶ前ですが)、DVDやCDせどりをしていた時も、もっぱら店舗仕入れがメインでした。

でも中古パソコンはむしろ、ネット仕入れの方が実店舗よりも安いことが多いんですね。現状はどうなのか?私の経験からも、何故ネットの方が安いのか?についてご紹介していきます。

実店舗の中古パソコンは高い

大阪の日本橋に行ってきた

実は私は大阪に住んでいます。電気街で有名な日本橋は、大阪で有名な街でもある難波の近く。マウスとかメモリ等の備品を買うこともあるので、時々は見に行ってるんですね。

※ちなみに、大阪の日本橋は、”にほんばし”じゃなくて、”にっぽんばし”と呼びます。

その日本橋ですが、中古パソコンを売っている店舗数は軽く30店舗はあるでしょうか。数は適当に言ってますが、ショップの数は多いのは間違いない。

で肝心のパソコンなんですが、たくさんの店舗を回った感想は、一言で言って
「高い!」

ヤフオクで12,000円くらいで仕入れられそうなPCが、23,000円くらいする感じ。ものにもよりますが、安い価格帯の中古PCの場合、ヤフオクの相場と比べてみると5千円〜1万円程度高い印象です。

ただ補償3ヶ月等、アフターサポートは充実しているショップも多いですね。その分価格に上乗せされているとしたらわからなくも無いです。

中には掘り出し物もあるとは思いますが、なかなか見つけることは出来ませんでした。そもそも、人気の高いおしゃれな色のPCは、どの店もほとんど在庫は無く、ビジネスで良く使われるような黒やシルバーのPCばかり。

利益2千円程度とれそうなものは少しはありますが、電車代やガソリン代かけていったことを考えると仕入れるのは微妙です。

ジャンク品とか、修理やメンテナンスする前提で仕入れるなら、それこそ掘り出しものもあるかもしれません(ジャンク品も結構ありました)。ただ、そのまま使える完成品のPCを仕入れると考えるとあまりうまみは無く、ネットで仕入れた方が利益がでるよねーというのが実感ですね。

中古パソコンの相場は決まっている

店舗仕入れを試みて思ったんですが、中古パソコンの場合、年式、型番、スペック、状態等から、価格相場がある程度決まっていると思います。

中古パソコンに限らず、どんなジャンルの商品でも、そのときの相場というのはありますが、例えばDVDやホビー等のエンタメ系の場合は、びっくりするくらい価値が上がる商品があります。

そうしたレアな商品はネットではなかなか出回らず、街の店舗で思わぬ安い価格で売られていることがあるんですよね。

ただ中古パソコンはそうしたレアケースは少なく、相場がわかりやすい。で、その相場というのはネットと実店舗で違いがある。現状はフリマアプリの普及もあってか、ネットで手軽に販売する人が増えていて、それだけネットの方が安くなりやすいというわけです。

実は店舗の中古パソコンは安い

実店舗の中古パソコンは高いという話をしてきましたが、実は世間的に言うと、実店舗の中古PCはまだ安い方なんです。新品で10数万円したPCが、中古では2万円代、3万円代等で購入できるわけですからね。

そしてさらに、ヤフオクやメルカリ等で売られているパソコンは価格帯の幅はありつつも、全体的には実店舗よりももっと安いんです。

それに加えて、フリマアプリの普及もあってネットで購入する利用者がどんどん増えている。実店鋪で仕入れるよりも、ネットで仕入れてネットで売った方が売れやすくなるというのも分かりますね。

ネットの仕入れの方が安いんだったら利益が出ないのでは?と思いきや、仕入れる場所の違いだったり、販売の工夫によって、5千円〜1万円の価格差で販売できるわけです。そこにはノウハウも必要にはなりますが。

【参考記事】
中古パソコン転売をビジネスで実践することのメリットとデメリットとは?

パソコン転売ではネット仕入れで問題ない

近くに中古パソコンを売っている店がある方は時々見に行くもの良いでしょう。何と言っても実店舗は実物が見られるので、電源を入れて液晶の確認をしたり、キズの具合を目で直接確認できるメリットはあります。

ただ、かかる時間や交通費、手間を考えると、中古パソコンについては、ネットの仕入れがメインで問題ないですね。それだけに、地方にお住まいの方にとっても実践しやすくメリットがあるのが中古パソコン転売と言えます。