パソコン転売は何故利益が出るのか?について今回はお伝えしていきます。パソコン転売というより、物販で利益出すための基本的な考え方にもなってきますね。

売る場所が変われば商品の価値は変わる

パソコン転売が成り立つ最も大きな要因としては、仕入れる場所・販売する場所が複数あるということがあげられます。

<<仕入れする場所>>

  • ヤフオク
  • メルカリ
  • ラクマ
  • 中古PCを販売している実店舗
  • 中古PCを販売しているネットショップ
  • 中古PCの売買もできるサービス(ジモティーなど)
  • 知り合いから譲り受け

<<販売する場所>>

  • メルカリ
  • ラクマ
  • ヤフオク

仕入れる場所と売る場所(システム)が違えば、顧客の層や顧客の数も違ってきますし、市場の状況や売れ筋や価格帯も変わってきます。同じ商品でも場所が変わるだけで売れる価格が違ってくることもあるんですね。

例えば、ヤフオクで1万円程度で仕入れたPCが、メルカリでは2万円で売れるといったことは普通にありますよ。

その時の市場の状況にもよりますが、特にメルカリでは出品写真のイメージで購入を決定する人も多く、売り方次第でヤフオクよりも高く売れる可能性が高いですね。

商品に価値をつければ高く売れる

商品に付加価値をつけると高く売れます。面倒な作業を顧客の代わりにやってあげるというのもその1つ。

例えば

  • Windows7からWindows10にアップデートする
  • Windows10は最新バージョンにアップデートする
  • 筐体をきれいに清掃する
  • 内部をきれいに清掃する
  • 便利なフリーソフトを入れておく

だけで全然違います。

面倒なセットアップやメンテナンスはこっちでしてあげました!到着後すぐに使えますよ!というわけで、出品する際にアピールすれば、それだけ価格を上乗せできます。

で、購入者側にとっても、セットアップしてもらえたことで喜ばれます。

あとはハードのメンテナンスも同じ。個人的には慣れないうちは手間がかかって作業が止まる恐れもあるので無理にしなくて良いと思ってますが、

  • メモリ増設
  • SSDへの付替
  • 壊れている部分を修理する

といったことも、その分作業量+部品量を上乗せしてもいいわけです(最初はハードのメンテナンスはあまり考えなくても良いです)。

【関連記事】
パソコン転売では修理屋になる必要は無い。メンテナンスはすべき?

他にも、おまけを付けるとより高く売れることもあります(あるいは価格は同じでも、より売れやすくなる)。

例えばマウスをおまけに付けるというのもアリですね。

売り方を工夫すれば高く売れる

売る場所や価値をつけて売ると良いのはもちろんですが、合わせて売り方を工夫すればそれだけ売れやすくなったり、高く売れます。

特に大事なのが、「写真」です。特に1枚目の写真ですね。メルカリやラクマといったフリマアプリで売る場合は、写真のイメージが購入判断に大きく影響してくることも多く、尚更大事です。

ここは売りたいターゲットによってもイメージは違うので、売れている他の出品者も参考にしながら、撮り方や、写真の編集の仕方は考えた方がいいですね。

それに加えて、売りたいターゲットに合わせて「出品タイトルや説明文」も同じく工夫すると売れやすくなりますよ。

薄利多売ではないパソコン転売では、売り方を工夫することはわりと大事です。他の良くパソコンを販売している出品者の写真やタイトル、説明文等を大いに参考にすべきですね。

あくまで需要のある商品を販売する

最後に、前提としてとくに大事なことは売れる商品(需要がある商品)を売ること

当たり前なんですが、いくらパソコンのスペックが良くても、プラットフォーム(メルカリ・ヤフオク)で売れた実績のないPCだったら、売れないリスクもあります。

最初のうちは特に実際に売れている型番のメーカー、PCを仕入れて、売るということを徹底しましょう。

アフィリエイトでも、アクセス需要のあるキーワードを選ぶ、売れる商品をアフィリエイトするというのは基本中の基本ですが、これは転売でも一緒。

これからパソコン転売を始めてみようという方は、売れるPCのイメージを掴むためにも、まずはメルカリのノートPCカテゴリを見てみることですね。

・家電・スマホ・カメラ
 ↓
・PC/タブレット
 ↓
・ノートPC

とカテゴリを順にたどっていって、その中で「SOLD」の帯がかかっている商品を見てみるとどんなPCが売れているのかがわかります。

まずは、何となくでもいいですから見てみることが大事ですよ。